2ch(2ちゃんねる)被害対策

誹謗中傷対策.com

2ちゃんねる被害対策

知る人ぞ知る最大手巨大掲示板「2ちゃんねる」、コピーサイトもかなりの数が増えている現在、削除依頼を出したとしても一切対応してもらえない事が多く、悩まれている方が多い事が伺えます。「2ちゃんねる」の場合は昔からYahoo・Google検索結果の上位にある事も多く社会問題になっております。キーワード内容により細かい点などを確認させて頂き、逆対策方法を考案致します。対策方法ですが逆SEO対策を含め、対応が可能となっております。
  • 2ちゃんねる被害対策
  • 2ちゃんねる
2ちゃんねるの誹謗中傷に対する現状

「2ちゃんねる」を今ではあまし知らない方などいらっしゃらないのではないでしょうか?
弊社でのお問い合わせの中でも「2ちゃんねる」はよくお客様よりお伺いしている状況です。

企業名で検索した際、「企業名 2ちゃん」といった関連ワードが出現する事が増えています。
見に覚えのない場合は確実に誹謗中傷、嫌がらせ、悪口などのパターンが多いようです。
何と言っても「2ちゃんねる」は基本的に削除対応を行っていないという点が
周りに対し多大な損失、影響を及ぼしています。

2011年上半期の削除要請7528件中、無視されたのは3173件で、
更にその9割以上(3000件程)を2ちゃんねるが占めたという ※wikipedia引用
もちろん事実解明をはっきりとさせた場合は対処可能のようですが大量に送られてくる内容を
一つ一つ確認しているのかどうかは、はっきり分からないのも現状です。

あまり放置しすぎてしまうと、企業の場合は求人広告を出しても意味が無くなってしまうという
企業としてはあまりにも大きなダメージを受ける事になります。

個人の方でも同様、仕事、家族、夫婦などにも影響を与えてしまいます。

早期解決の為には早く「2ちゃんねる」の掲示板を探し出し対処するのみです。
ですが「2ちゃんねる」の場合には下記のようなケースがありました。

2006年8月に同男性が、東京地裁に情報開示を求める申し立てをしたにも関わらず、
西村博之が出廷しなかったことや、その件で同年9月に下った仮処分命令を、西村が放置していたことから、
一日あたり5万円の延滞金を要求し、それが100日以上分に膨れ上がった、という経緯がある。
加えて16日には西村に対する破産宣告の第三者申し立ても行なった。
このように繰り返し警告を受けていても、西村本人が十分な対策を行っていないため、同じトラブルが繰り返されている。
ドメインは、2009年1月以降は第三者法人の所有となったことから、差し押さえはきわめて困難とされていた。
しかし、2ちゃんねる内の書き込みを書籍化したものの印税が第三者法人ではなく西村に支払われていることから、
両者は実質的に同一視できるという司法判断により、2010年1月に印税を差し押さえることで初めて損害賠償金が回収された。 ※wikipedia引用

このように多々繰り返されている「2ちゃんねる」の問題ですが弊社サービスの「逆SEO」を含め
対策方法を万全にしている状況もあり、現状ではご依頼頂いている「2ちゃんねる対策」は
全てご対応出来ているのが弊社です。

早期発見、早期対応を目標とし本日も運営させて頂いております。
無料相談お問い合わせフォーム
Copyright © 誹謗中傷対策store All Rights Reserved.